講演会・研修の講演依頼は、講師派遣ナビ講師を探す角田信朗

角田信朗 かくだ のぶあき

正道会館空手・最高師範、K-1競技統括プロデューサー、俳優、タレント、ボディビルダー

角田信朗

プロフィール

1961年4月11日 、大阪府堺市出身。関西外大英米語学科卒業。 英語教員免許取得(中学1級、高校2級)、中学時代に少林寺拳法に入門し、二段を取得。その後、高校2年の時に極真空手の芦原道場奈良支部入門。関西外大進学後、兄弟子・石井和義の独立(正道会館)を支える。大学では実戦空手同好会の主将。卒業後、サラリーマンなどをしながら正道会館神戸支部長として空手を続ける。その後、本部道場の職員となり師範代となった。

91年に総合格闘技団体リングスに参戦。ヘルマン・レンティングと対戦し、引き分け。その後も継続的に参戦した。空手家としては、93年空手ワールドカップにおいてマイケル・トンプソンに挑むが、一本負けを喫した。この時に現役を引退すると会場で告げた。95年7月「K-1 LEGEND 翔」のジョー・サン戦にて現役復帰し、KO勝ち。98年3月、愛知県体育館における新日本プロレスの興行で、引退試合を2週間後に控えたアントニオ猪木と公開スパースパーリングを行なった。K-1選手としては、03年5月の「K-1 WORLD GP 2003 in LAS VEGAS」の武蔵戦をもって、2度目の現役引退。05年3月「K-1 WORLD GP 2005 in SEOUL」で2回目の現役復帰。相手は曙だったが2度のダウンを奪われ判定負けした(曙のK-1初勝利)。

07年8月22日に、パチンコ「CR花の慶次-雲の彼方に-」の主題歌「傾奇者恋歌」をソロで歌い、発売した。このパチンコがヒットし、「CR花の慶次斬」「CR花の慶次愛」も開発され、それぞれで角田がオリジナル新曲を歌った。10年9月、大阪松竹座の舞台「花の武将 前田慶次」に山上道及役で出演。

近年はボディビルダーとしても活躍。15年9月グアムで行われた「日本グアム親善 ボディビル選手権」に出場し、男子ボディビルミドル級で優勝、16年7月「2016年ボディビルフィットネス選手権大会」に出場し、トータルで3冠を達成。同年9月「第28回 日本マスターズ選手権大会」の男子マスターズ50歳以上級75キロ超級に出場し、準優勝の快挙を達成した。

講師ジャンル

日刊スタッフコメント★★★

正道会館の最高師範にしてボディビルダー。彫刻のような筋肉美はいつ見ても圧倒されます。

そんな角田さんが「強くなろう」と思ったきっかけは小学生時代にいじめられた体験でした。いかにして乗り越えてきたのかは悩める子どもや保護者の参考にもなりそう。一方で筋トレ法にも哲学があり、健康寿命を考える中高年向けにもオススメです。トークは笑い満載。

「花の慶次」シリーズでおなじみの歌唱力も一級品です。

講演テーマ例

ウエルエイジングのススメ

主な著書

「悔しかったらやってみぃ!!」=自叙伝(幻冬舎)
「角田信朗のフルコンタクト英会話」(講談社)
「角田信朗のボディトレーニング」(日本文芸社)ほか多数

この講師に依頼・相談する(無料)

講演会・研修の講演依頼は、講師派遣ナビ講師を探す角田信朗