講演会・セミナー・講演依頼は講師派遣ナビ講師を探す桂米團治

桂米團治 かつらよねだんじ

落語家

桂米團治

プロフィール

本名、中川明。1978年、12月20日、大阪市出身。
1978年8月に父である桂米朝に入門し、「桂小米朝」を襲名。同年10月京都・東山安井金毘羅会館「桂米朝落語研究会」にて初舞台を踏む。

92年には大阪府民劇場賞奨励賞受賞し、2003年9月に噺家生活25周年記念落語会にて、全国8カ所ツアー「小米朝らくごの世界」を開催するなど精力的に活動。05年12月に兵庫県芸術奨励賞受賞した。
08年10月には「五代目桂米團治」を襲名。京都南座を皮切りに全国各地で77回の襲名披露公演を実施するなど精力的に活動する。
また15年10月には尼崎市民芸術賞受賞した。

落語家でありながら、ミュージカルやクラシック音楽に凝っていて、特にモーツァルト熱は重症。自分をモーツァルトの生まれ変わりだと信じているという。各地でオーケストラと競演し、オペラと上方落語の合体「おぺらくご」という新分野も確立する。幅広い趣味を謳歌しつつも、古典落語に対しては純粋な心で向き合っている。「王道を見失わずに歩む」のが信条。上方の華やぎを大切に落語のさらなる繁栄を願って、今日も落語に邁進する。

講師ジャンル

出身・ゆかり

活動実績

1978年8月 父である桂米朝に入門(芸名:桂小米朝)
    10月 京都・東山安井金毘羅会館「桂米朝落語研究会」にて初舞台
1992年   大阪府民劇場賞奨励賞受賞
2003年9月 噺家生活25周年記念落語会にて、全国8カ所ツアー「小米朝らくごの世界」を開催
2005年12月 兵庫県芸術奨励賞受賞
2008年10月 五代目桂米團治を襲名。京都南座を皮切りに全国各地で77回の襲名披露公演を実施
2009年 ベストファーザー賞 in 関西文化部門受賞
2015年10月 尼崎市民芸術賞受賞

【テレビ出演】
NHK総合 昭和59年連続テレビ小説「心はいつもラムネ色」、昭和60年「しあわせの国、青い鳥ぱたぱた?」、平成15年連続テレビ小説「てるてる家族」、NHK教育 平成13年「ドイツ語会話」(~平成15年)

主な著書

「学校寄席に挑戦!桂米團治のみんなが元気になる上方落語入門」(彩流社)
「子米朝」(ポプラ社)

おすすめの講師

講演会・セミナー・講演依頼は講師派遣ナビ講師を探す桂米團治