講演会・セミナー・講演依頼は講師派遣ナビ講師を探す中西清起

中西清起 なかにし きよおき

野球評論家、元阪神コーチ

中西清起

プロフィール

高知県宿毛市出身。高知商時代は1、2、3年すべての年で甲子園に出場し、3年生の春にはエースとして優勝。
その後、社会人野球のリッカーを経て83年にドラフト1位で阪神入団。背番号は前年まで小林繁が着けていた「19」を与えられた。85年有名なバックスクリーン3連発の巨人戦でプロ初セーブ。このシーズン、21年振りとなるシーズン優勝を決め、中西は胴上げ投手に。96年に引退。

日刊スポーツ、ABCの解説者などで活動後、04年に岡田彰布が監督に就任すると投手コーチとして阪神に復帰。15年までコーチを務めた。水島新司の漫画「球道くん」のモデルとなった。

講師ジャンル

日刊スタッフコメント★★★

現役時代の投げっぷり同様に、歯に衣着せぬ直球トークは阪神OBの中でも特筆ものです。
高知商時代に4番エースで選抜優勝、阪神では85年V投手…と、まさに甲子園の申し子です。

豪快な性格から寮の門限破り事件などの武勇伝ばかり注目されますが、選手としては緻密な計算と努力があってこその活躍でもありました。

少年野球教室など指導の合間にタイガースの裏話を少し紹介…のスタイルは大受けです。

活動実績

記録

○通算記録(13年) 477試合登板 986回3分の2イニング 33勝74敗75セーブ 防御率4・21
○初登板 1984・6・3対大洋11回戦(甲子園)
○初先発・初敗北 84・6・6対ヤクルト10回戦(甲子園)
○初勝利 84・6・30対巨人16回戦(後楽園)
○初完投勝利 88・10・8対ヤクルト23回戦(甲子園)
○初完封勝利 89・6・27対中日9回戦(ナゴヤ)
○初セーブ 85・4・17対巨人2回戦(甲子園)
○オールスター出場 87、88年(2回)

タイトル

○最優秀救援投手 85年(SP30 セーブ19、救援勝利11)

エピソード

<球道くん>
水島新司の野球漫画「球道くん」の主人公は「中西球道」という。その頃、中西が春夏の甲子園大会で高知商のエースとして活躍していたため、その主人公にちなんで「球道(くん)」と呼ばれていた。プロ野球に入っても、「球道」がニックネームだった。
ちなみに名前の由来は「球けがれなく道けわし」。

おすすめの講師

この講師に依頼・相談する(無料)

講演会・セミナー・講演依頼は講師派遣ナビ講師を探す中西清起