講演会・セミナー・講演依頼は講師派遣ナビ講師を探す高橋勝成

高橋勝成 たかはし かつなり

プロゴルファー

高橋勝成

プロフィール

1950年(昭25)8月5日、北海道旭川市生まれ。北海高から日大ゴルフ部で腕を磨く。75年プロ入り。76年に「韓国オープン」でプロ初優勝。以後、83年ツアーで初シード入りをして以来、連続15年間賞金シードを取り続け、シード選手の常連となった。日本マッチプレーに85、87年と2度優勝し「マッチプレーの鬼」との異名を取った。とくに、87年の大会では、尾崎将司と決勝でゴルフ史上に残る死闘を演じて勝利し「ジャンボキラー」とも言われ、人気が高かった。88年には「ラークカップ」(現マイナビABC選手権)などのビッグトーナメントに勝ち、レギャラーツアー14勝。2000年にシニアに転向。日本プロシニアと日本シニアオープンのメジャー2冠を制して、賞金王になり、以降4年連続シニア賞金王に輝いた。やさしい語り口で、わかりやすく教えるレッスンには定評があり、最近はスナッグゴルフなどの普及にも努めている。

講師ジャンル

主な著書

「ゴルフ最短上達法―ちょっとした工夫で驚異のスコア・アップ!」(PHP文庫)
「中高年のためのゴルフのこころと技を教えます」(NHK趣味悠々)
「高橋勝成の再生スコアメーキングゴルフ―スクエアに構えれば飛距離&方向性ともにアップ」など多数

おすすめの講師

講演会・セミナー・講演依頼は講師派遣ナビ講師を探す高橋勝成