講演会・セミナー・講演依頼は講師派遣ナビ講師を探す高松大樹

高松大樹

たかまつだいき

サッカー元日本代表

高松大樹

プロフィール

1981年9月8日、山口県宇部市生まれ。多々良学園(現高川学園)高から00年にJ2の大分トリニータ入り。打点の高いヘディングを武器に、FWとして01年から出場機会を増やした。04年にはU-23のメンバーとしてアテネ五輪に全3試合出場。2戦目のイタリア戦でゴールを決め、06年11月、サウジアラビア戦で日本代表デビューを果たした。
08年の清水とのナビスコカップ(現ルヴァンカップ)決勝では、ヘディングで先制点を決め、大分に初のタイトルをもたらすとともに大会MVPに選ばれた。
11年にJ2のFC東京へ期限付きで移籍し、1シーズン所属。12年に大分に復帰し、16年シーズンを最後に現役を引退した。J1通算195試合45得点。国際Aマッチ2試合出場。

現役引退後の17年2月、大分市議会選挙に無所属で出馬し、トップで初当選を果たした。現在は議員活動とともにJリーグ中継の解説やサッカー教室での指導などを行っている。

講演会・セミナー・講演依頼は講師派遣ナビ講師を探す高松大樹

ご相談<無料>
(06)
6229-7018
受付時間:
10:00~18:00
(土日祝日除く)