講演会・セミナー・講演依頼は講師派遣ナビ講師を探す阿波野秀幸

阿波野秀幸 あわのひでゆき

プロ野球コーチ

阿波野秀幸

プロフィール

MAX 149キロの直球と伝家の宝刀シンカーを武器に、プロ入団1年目からエースとして活躍した栄光の左腕。大学野球で活躍し、近鉄バファローズ、読売巨人軍、大洋ホエールズからドラフト1位指名を受ける。伝説となった'88年「10.19ダブルヘッダー」での連投、翌'89年の最多奪三振と最多勝利、悲願のリーグ優勝など球史に鮮烈な記憶を残すとともに、「トレンディーエース」と呼ばれて人気を博した。後にドラフトで競合した3球団に所属し、その全てで優勝を経験した。36歳で現役引退後は、巨人、横浜のコーチを歴任。一時、ユニフォームを脱ぎ、野球解説者として活動したが、'12年から再び巨人軍投手コーチを務め、'19年からは中 日ドラゴンズの投手コーチを務めている。

活動実績

■ 1983年-1986年 亜細亜大学
  東都大学リーグ通算 62登板 32勝 17敗
防御率1.83 奪三振282
■ 1987年-1994年 近鉄バファローズ(ドラフト1位)
リーグ優勝(’89年)
■ 1995年-1997年 読売ジャイアンツ
リーグ優勝(’96年)
■ 1998年-2000年 横浜ベイスターズ
リーグ優勝(’98年)、日本一(’98年)
■ 2000年 現役引退
  プロ生涯成績 登板数305 75勝 68敗 5セーブ
        完投70 完封11 奪三振985 防御率3.71
■ 2001年-2005年 読売ジャイアンツ(投手コーチ)
■ 2006年 横浜ベイスターズ(一軍投手コーチ)
■ 2012年-2018年 読売ジャイアンツ(投手コーチ)
■ 2019年- 中日ドラゴンズ(投手コーチ)

講演テーマ例

プロとしてすべきこと
プロ野球の世界では、年齢が若くてもプロとしての自覚を持ってプレーに臨まなければなりません。しかしながら、なかなか「プロ意識」を育てるという事が難しいのも確かです。プロとしての意識を向上させるためにはどうしたらよいのかということや自分自身の目標達成に向けての指導の仕方などをお伝えします。
新入社員指導を任されている方だけでなく、新入社員の方にもおすすめです。
プロ野球に学ぶ上司と部下のコミュニケーション
コーチは選手を育てるのが仕事です。選手を育てるときにまず大切になるのはコミュニケーションです。これはビジネスの世界でも同じことだと思います。上司と部下という立場も年齢も違う人間がうまくコミュニケーションを取るにはどうしたらよいのか。また上手にコミュニッケーションを取りながらモチベーションをアップさせる方法をお伝えします。
野球という業界であるだけに、若い年齢の選手と触れ合うことも多い阿波野氏のコミュニケーション・モチベーション論はゆとり世代の部下を持つ管理職の方にもおすすめです。
逆境のときこそ信念を貫く
プロ野球選手への夢を抱いてから実現させるまで、どんな努力をしたのか。また中学時代、有名私立高校からの誘いを受けていたにも関わらず、敢えて公立の桜ヶ丘高校を志望し、塾通いで文武両道を目指したエピソードなどを交えながら、信念を持って、諦めず努力することなど、逆境の時こそ信念を貫くことの大切さをお伝えします。
名監督達から学んだスーパー人心掌握術

講演テーマ例をもっと見る

おすすめの講師

講演会・セミナー・講演依頼は講師派遣ナビ講師を探す阿波野秀幸