講演会・セミナー・講演依頼は講師派遣ナビ講師を探す荻原次晴

荻原次晴 おぎわらつぎはる

スポーツキャスター

荻原次晴

プロフィール

双子の兄・健司とともにノルディック複合選手として頭角を現し、'94年からワールドカップに参戦。'95年の世界選手権では団体 金メダルを獲得する。'98年は念願の長野五輪に出場、入賞を果たした。引退後はスポーツキャスターとしてメディアに多数出演。 オリンピアンの代表格のひとりとして、ウィンタースポーツをはじめ広くスポーツの普及活性に取り組んでいる。その活動が認め られ、'17年には日本オリンピック委員会特別貢献賞を兄弟で受賞。アウトドア活動の経験から「次晴登山部」を発足。ツアーを企 画し、日本百名山登頂に挑戦中('19年11月現在72座登頂)。

活動実績

■ ’93/’94年 全日本選手権 ▶ 3位、ワールドカップ初出場
■ ’94/’95年 ワールドカップ ▶ 準優勝2回、入賞7回 世界選手権 ▶ 団体(金メダル) ワールドカップ ▶ 個人総合4位
■ ’95/’96年 ワールドカップ ▶ 入賞4回
■ ’97/’98年 ワールドカップ ▶ 入賞2回 長野オリンピック
▶ 団体(5位入賞) ▶ 個人(6位入賞)

<テレビ・ラジオ等メディア出演実績>
■ テレビ東京系列 平昌オリンピックフィールドキャスター
■テレビ東京「よじごじdays」
■フジテレビ「潜在能力テスト」
■ TBS系列「ひるおび!」隔週月曜コメンテーター
■ 地上波・BS「BOATRACE ライブ」メイン司会
■ 読売テレビ「鳥人間コンテスト」ボートリポーター
■ 10局ネット「荻原次晴のニッポン応援団VIVA JAPON!」
■ 文化放送「スポスタ☆MIX ZONE」

講演テーマ例

次に晴れればそれでいい
双子の弟として生まれ、何事も兄弟で切磋琢磨して成長してきた少年時代。しかし、92年のアルベールビル五輪で兄・健司が金メダルを獲得して人生が一変する。兄が活躍すればするほど、深まる苦悩。彼が五輪を目指したのは特別な理由があった。双子ならではのエピソードから、いかに本気を出し、自らの存在をアピールできたのかを話します。挫折から這い上がるスピリットを伝えます。

主な著書

「次に晴れればそれでいい」

おすすめの講師

講演会・セミナー・講演依頼は講師派遣ナビ講師を探す荻原次晴