講演会・セミナー・講演依頼は講師派遣ナビ講師を探す緒方耕一

緒方耕一 おがた こういち

野球評論家、スポーツコメンテーター

緒方耕一

プロフィール

1968年熊本県生まれ。熊本工時代に甲子園出場。86年ドラフト6位で巨人に入団。
12年間で通算685試合、打率2割6分3厘、17本塁打、130打点。二塁、遊撃、外野を守り、90、93年には盗塁王を獲得した。両打ちのリードオフマンとして、現役時代は人気だった。98年に引退し、02年巨人コーチに就任、03年オフに退団し、06年に復帰。10年まで務めた。

講師ジャンル

活動実績

記録

○通算記録 685試合 1851打数486安打 
打率・263 17本塁打 130打点 96盗塁
○初出場・初先発出場 1989年5・13対阪神7回戦(甲子園)、2番二塁手
○初安打 89・5・13対阪神7回戦(甲子園)
○初盗塁 89・5・24対ヤクルト6回戦(東京ドーム)
○初打点 89・6・2対阪神9回戦(東京ドーム)
○初本塁打 89・8・15対横浜大洋17回戦(東京ドーム)

タイトル

○盗塁王 90年(33個)、93年(24個)=2回

エピソード

<ミラクルボーイ>
1994年守備・走塁のスペシャリストとして活躍、その年の10月8日の巨人-中日、後に伝説の一戦と呼ばれた試合にはグラッデンに代わって守備で途中出場した。また、西武との日本シリーズではファインプレーを見せ、第5戦では勝利を決定づける満塁本塁打を放った。
試合後のインタビューで長嶋茂雄監督は緒方氏を「ミラクルボーイ」と呼んで絶賛した。

主な著書

「緒方耕一 勝利に導くスチール&ラン!」(ベースボールマガジン社)ほか

おすすめの講師

講演会・セミナー・講演依頼は講師派遣ナビ講師を探す緒方耕一