講演会・セミナー・講演依頼は講師派遣ナビ講師を探す眞鍋政義

眞鍋政義

まなべまさよし

元バレーボール女子日本代表監督

眞鍋政義

プロフィール

大阪商業大学附属高でインターハイ優勝。大阪商業大時代にユニバーシアード優勝。1986年、新日本製鐵に入社すると、1年目からレギュラーセッターとして活躍し新人王を獲得するなど、その後の新日鐵黄金時代を築いた。
1985~2003年全日本代表、88年ソウルオリンピック出場、イタリアセリエA挑戦など、日本を代表するセッターとして長く活躍したが、05年に現役引退。同年、久光製薬スプリングス監督に就任し、09年からは全日本女子代表の指揮を執った。
2010年の世界選手権では、試合中iPadを手に緻密なデータ分析をしながら指示を出す「IDバレー」で同大会32年ぶりのメダルを獲得(銅メダル)。12年ロンドンオリンピックでは28年ぶりとなる銅メダルをもたらした。16年リオデジャネイロオリンピック後に代表監督を退任し、同年12月、ヴィクトリーナ姫路(株式会社姫路ヴィクトリーナ)のゼネラルマネージャーに就任した。
2021年、再び日本代表監督に就任。パリオリンピックに向けて手腕を振るう。

活動実績

〈主な競技歴〉
・所属チーム
1986年~1998年 新日鐵ブレイザーズ(現:堺ブレイザーズ)
1999年 イベコ パレルモ(イタリア・セリエA)
2000年~2001年 旭化成スパーキッズ
2002年~2003年 松下電器パナソニックパンサーズ
2004年~2005年 旭化成スパーキッズ

・国際大会出場歴
オリンピック 1988年
世界選手権 1986年、1990年、1998年
ワールドカップ 1985年、1989年、1995年

・受賞歴
日本リーグ・Vリーグ ベスト6:12回、優勝監督賞:1回
黒鷲旗 最優秀選手:1回、ベスト6:6回

〈主な指導歴〉
2005年~2008年 久光製薬スプリングス
2009年~ 全日本女子バレーボールチーム

・全日本代表監督での主な戦績
2009年 アジア選手権 3位
2010年 世界選手権 銅メダル
2011年 アジア選手権 準優勝
     ワールドカップ 4位
2012年 ロンドンオリンピック 銅メダル ※28年ぶりのメダル獲得

講演テーマ例

  • 逆転発想の勝利学
    2012年ロンドンオリンピックで日本女子バレーボールに悲願のメダル獲得に貢献することができたが、その裏には組織改革や選手たちを分析し、それぞれに合わせた指導法を実施していた。自身はカリスマ監督ではないという。メダル獲得という目標に向けて、個性派集団をひとつにするために、一人一人の選手と真っ正面から向き合い、いかにしてモチベーションを上げ、同じ方向に向かわせるか。女性特有の一致団結したときに発揮する力は無限。世界に対し、身体的不利な状況でどのように対応したか。非常識を常識に変えるには?
  • メダル獲得に向けた女子バレーの秘策
    長くメダルから遠ざかっていた全日本女子バレーボールチームの監督に就任してから、どのような目標立てをし、実現に向けて動いたのか。男子監督が女子アスリート集団とどのように向き合いチームを一つにまとめたのかを話します。

主な著書

女性マネジメント 眞鍋政義の著書画像  バレーボールは眞鍋に学べ 眞鍋政義の著書画像  逆転発想の勝利学 眞鍋政義の著書画像  チームのスイッチを入れる 眞鍋政義の著書画像  精密力 眞鍋政義の著書画像

講演会・セミナー・講演依頼は講師派遣ナビ講師を探す眞鍋政義

ご相談<無料>
(06)
6229-7018
受付時間:
10:00~18:00
(土日祝日除く)