講演会・セミナー・講演依頼は講師派遣ナビ講師を探す渡部陽一

渡部陽一 わたなべよういち

戦場カメラマン

渡部陽一

プロフィール

1972年9月1日生まれ。静岡県立富士高等学校卒業後、落合信彦の著書に登場する弁護士の存在を知り「弁護士や検察官など、困っている人を助ける仕事に就きたい」と思い、明治学院大学法学部に入学。
大学の生物学の授業でアフリカの狩猟民族に興味を持ち全く現地の知識もないまま旅行者としてコンゴ民主共和国を訪れたが、当時はルワンダ紛争の真っ只中であったため少年兵に襲撃され、カメラを含め私物全てを差し出すことでどうにか助かった。
帰国後、その被害と少年兵がいるという現実を周囲に説明したが、全く理解してもらえなかったことから、その場の状況を伝えるためのカメラの必要性を痛感し「戦場カメラマン」となることを決意。
過去には、平均して1年の半分は海外に滞在して仕事をしており、ルワンダ紛争・コソボ紛争・チェチェン紛争・ソマリア内戦・イラク戦争など、130の国と地域の紛争地域を訪れている。現在でもEMBED(従軍記者)として紛争地域に赴いており、雑誌・TV番組などで作品を配信している他、ラジオ番組でも現地から直接リポートをしている。また釣り番組や旅番組にも出演し、独特な声を活かして番組のナレーションや、平和を願う朗読CDなども発売。
常々故郷の富士市に貢献したいと発言していたが、2011年2月に富士市では初となる「富士市観光親善大使」に任命された。

活動実績

<主な取材歴>
1993年6月~ アフリカ、ザイール内戦取材
1994年6月~ アフリカ、ルワンダ内戦取材
1995年7月~ メキシコ、チアパス民族解放戦線取材
1996年9月~ アフリカ、ナイジェリア国内紛争取材
(中略)
2016年11月~  フィリピン・ミンダナオ島・ドゥテルテ大統領取材
2017年2月~ トルコ・ナイトクラブ襲撃テロ事件取材
ほか、多数取材

<これまでの写真展>
『渡部陽一写真展 The Voice 戦火に生きる人たち』(柏タカシマヤ)
『戦場カメラマン 渡部陽一&紙の魔術師 太田隆司展 絆の情景』(森アーツギャラリー)
『渡部陽一写真展 戦場からのメッセージ』(フェスティバルウォーク蘇我)
『戦場カメラマン 渡部陽一&紙の魔術師 太田隆司展 絆の情景』(静岡ホビースクエア)
『渡部陽一写真展 戦場からのメッセージ』(青梅市立美術館)
関門海峡ミュージアム10周年記念企画『戦場カメラマン&ペーパーアーティスト「渡部陽一・太田隆司 二人展」』(関門海峡ミュージアム)
『ロゼシアター開館25周年記念事業 戦場カメラマン渡部陽一写真展』(富士市文化会館ロゼシアター)
『渡部陽一写真展 世界からのメッセージ-笑顔の力 命の輝き-』(調布市文化会館)
『新安来市発足10周年記念事業 戦場カメラマン 渡部陽一写真展』(安来市・和鋼博物館)
『戦後70周年さいたま市平和都市宣言10周年記念 平和祈念写真展』(さいたま市・さいたま市プラザノース)
『戦場カメラマン渡部陽一写真展 世界からのメッセージ〜戦場からこんにちは』(ハーモニーホール座間)
『戦場カメラマン渡部陽一写真展 MESSAGE』(今井美術館)

<テレビ・ラジオ等メディア出演実績>
サンデー毎日 (毎日新聞社)
AERA (朝日新聞社)
SAPIO (小学館)
週刊ポスト (小学館)
FRIDAY (講談社)など

講演テーマ例

世界からのメッセージ~希望ある明日のために~
世界からのメッセージ~平和と命の大切さ~
世界からのメッセージ~人間愛と絆~
世界からのメッセージ~命と愛と絆~

講演テーマ例をもっと見る

主な著書

『報道されなかったイラクと人びと』(新風舎)
『世界は危険で面白い』(産経新聞出版)
『MOTHER-TOUCH 戦場からのメッセージ』(辰巳出版)
『ぼくは戦場カメラマン』(角川つばさ文庫)
『硝煙の向こうの世界 -渡部陽一が見た紛争地域-』(講談社)
『戦場カメラマン渡部陽一が見た世界』全3巻:1学校、2家族、3友だち(くもん出版)
『戦場カメラマンの仕事術』(光文社)
『渡部陽一の世界名作童話劇場』(Victor Entertainment)
『Father‘s Voice 』(Victor Entertainment)※オリジナル朗読CD作品

おすすめの講師

講演会・セミナー・講演依頼は講師派遣ナビ講師を探す渡部陽一