講演会・セミナー・講演依頼は講師派遣ナビ講師を探す渋谷和宏

渋谷和宏

しぶやかずひろ

経済ジャーナリスト、作家

渋谷和宏

プロフィール

1959年12月、横浜市生まれ。84年3月に法政大学経済学部卒業後、同年4月、日経BP社入社。
日経ビジネス副編集長などを経て2002年4月『日経ビジネスアソシエ』を創刊、編集長に。06年4月18日号では10万部を突破した(ABC公査部数)。ビジネス局長(日経ビジネス発行人、日経ビジネスオンライン発行人)、日経BP net総編集長などを務めた後、2014年3月末、日経BP社を退職、独立。現在は大正大学表現学部客員教授。

1997年には情報ミステリー小説『銹色(さびいろ)の警鐘』(中央公論新社)で作家デビュー。経済ノンフィクション「稲盛和夫独占に挑む」(日本経済新聞出版社)などをペンネーム「渋沢和樹」で執筆する。
また、ペンネーム井伏洋介として青春群像小説「月曜の朝、ぼくたちは」(幻冬舎)、「さよならの週末」(幻冬舎)を執筆。

本名(渋谷和宏)としては「文章は読むだけで上手くなる」(PHPビジネス新書)、「東京ランナーズ」(角川書店)などを書き上げるなど、多方面で活躍する。19年1月から三井住友銀行のコンテンツサイト「Money VIVA」で連載小説『マネーミステリー天ノ川夫妻の事件簿』がスタートしている。

講演テーマ例

  • 消費者目線をどう事業に活かす? ~多様化するニーズから勝つビジネスを読む~
  • 日本経済の行方 ~輝く組織・輝く人は?~
  • 誰も語らない日本経済の行方 ~輝く地域・輝く企業は?~
  • アベノミクスの功罪 ~いま日本経済に本当に起きていること~
  • これから注目されるビジネスとは ~経営環境・消費動向をどう事業に活かす?~

講演テーマ例をもっと見る

活動実績

1959年 横浜市生まれ。
1984年 法政大学経済学部卒業
1984年 日経BP社入社
1997年 小説『銹色(さびいろ)の警鐘』で作家デビュー
2002年 『日経ビジネスアソシエ』を創刊 編集長に就任
2014年 日経BP社を退職、独立
現在、大正大学表現学部客員教授

<メディア出演>
・日本テレビ「シューイチ」(レギュラーコメンテーター) 「バゲット」(ゲストコメンテーター)
・TBS「Nスタ」(ゲストコメンテーター)
・読売テレビ「ミヤネ屋」(ゲストコメンテーター)
・CBCテレビ「チャント!」(レギュラーコメンテーター)
・TBSラジオ「森本毅郎・スタンバイ!」(レギュラーコメンテーター)

主な著書

100年に1度の経済学 渋谷和宏の著書画像  東京ランナーズ 渋谷和宏の著書画像  「IR」はニッポンを救う 渋谷和宏の著書画像  文章は読むだけで上手くなる 渋谷和宏の著書画像  お金の常識 渋谷和宏の著書画像

「稲盛和夫独占に挑む」(日本経済新聞出版社)
『銹色(さびいろ)の警鐘』(中央公論新社)
「月曜の朝、ぼくたちは」(幻冬舎)
「さよならの週末」(幻冬舎)

フォトギャラリー

渋谷和宏

講演実績

講演会・セミナー・講演依頼は講師派遣ナビ講師を探す渋谷和宏

ご相談<無料>
(06)
6229-7018
受付時間:
10:00~18:00
(土日祝日除く)