講演会・セミナー・講演依頼は講師派遣ナビ講師を探す樋口隆則

樋口隆則 ひぐち たかのり

俳優、脚本家、映画監督

樋口隆則

プロフィール

プロレスのレフェリーであるジョー樋口の息子として大阪府で生まれ、父の実家である横浜で幼少期を過ごす。4才からは目黒。

1977年渡米。ハワイ大学で語学研修後、NY市立大学医学部心理学科に入学。3年目で中退。その後、演劇の名門であるNYネイバーフッド・プレイハウスに入学。相手との対話力や現在のコーチングの始祖と言われるサンフォード・マイズナーの直弟子となる。また、NY留学時代に、西洋人、アフリカ系黒人、アジア人等、様々な人種における身体ポテンシャルの違いを体感し、アジア人としての体の生かし方についての研究を始めたことが、生涯をかけた身体トレーニングの礎となる。

帰国後、故・樹木希林に見初められ樹木希林事務所に入り、日本芸能界で仕事を始めるが、アメリカとのやり方の違い、日本芸能界のドラマ作りの浅さに辟易し(若気の至りである)芸能界を即引退。築地でマグロを運ぶことを選択。しかし、父・ジョー樋口に「マグロ運ぶのが悪いとは言わない。でもお前、アメリカまで行って何してんの?」と言われ、芸能界復帰を決め、劇団オーディションに合格。「演劇集団 円」にて、故・岸田今日子の相手役として、肉体労働者である男の魅力を全面に打ち出すスタンリー役など数々の主役を務める。
退団後、TV・映画に活躍の場を変え、仮面ライダーアナザーアギト(木野薫)役を史上最年長ライダー(当時)として好演、NHK連続ドラマの主演、CF、舞台などで活躍。

還暦を迎える今年も、美輪明宏の相手役として「愛の讃歌」で世界チャンピオンのボクサー・マルセル役を好演。今も現役で海外ネットドラマ、映画で俳優として活躍。
また、50歳を超えた時から「第一の人生の集大成」と「第二の人生」へシフトし、クリエイターとして佐々木希主演映画「縁 ~ The Bride of IZUMO」脚本を担当、アイドル仮面女子映画「桜散れども」新人監督賞を還暦手前で受賞。50歳を超えてから、人生の集大成に向けてクリエイションへ活躍の場を広げた。
人生をより良く生きるために必要な資本である体を鍛えなおすため始めた柔術では、35歳以上青帯の部で世界チャンピオンを最年長で幾度も果たしている。また、僧侶の修行を経て、浄土真宗東本願寺派の僧侶となり、上級心理カウンセラーの資格も取得。人が「よりよく生きる」ために必要な人生の知恵と「老いを成熟に変える脱力体操」等、様々な方面からアプローチする講演を北海道、名古屋、新潟、東京など、日本各地で行っている。また同時に、還暦を迎える今秋、亡き父への追悼と日本の男を元気づけたい思いでプロレスデビューを果たした。

講師ジャンル

活動実績

1977 年 ハワイ大学の留学生コースにて英語習得につとめるが、ハワイの穏やかで自然豊かな環境下では若い自分は駄目になると判断、当初の予定を大幅に繰り上げニューヨークに移住。

1978 年 NY市立大学心理学科入学。3年目、専攻変更後中退。後、演劇学校の名門であるネイバーフッド・プレイハウスに入学し、俳優業に転向。コーチングの始祖とされるサンフォード・マイズナーの直弟子となり、「Repetitin」を学ぶ。これが現在の「緊張からの解放」の基軸となり、長年の研究対象となる。

1982 年 帰国後、故樹木希林女史の事務所に所属。アメリカ帰りの鼻っ柱の強さを、女史に散々叩かれ、教育される。数年を経て、日本芸能界に辟易し、俳優業そのものを引退。

1985 年 築地に勤めてマグロを運ぶ数年間。暗中模索の日々。
著名なプロレスレフェリーであった父・ジョー樋口の「マグロを運ぶのが悪いとは言わない、でも、大金かけてアメリカまで行って何をしてるんだ?」という一言で再チャレンジを決意する。

1987 年 30歳真近にして演劇集団 円 入団。故岸田今日子女史の相手役(『欲望という名の電車』スタンリー役)を始め、数々の主役を演じ、再びTV・映画の世界へ。「緊張」を強いられるオーディション、「自己の営業・プレゼンテーション」と戦う日々が続く中、「緊張からの解放」の実践・研究を続け、仕事を獲得し続ける。

1993 年 デビット・リンチ監督のジョージア缶コーヒー・ツインピークス編の主役に抜擢。一躍時の人となり、数々のCFに出演。同時期にハリウッドのキャスティング・ディレクターである奈良橋陽子氏の演劇学校(卒業生はオダギリジョー等)にヘッドコーチとして就任。俳優のトレーニングや学校の運営に関わる。後、自身でも演技道場を設立し、日本人俳優の演技力向上に貢献する日々が始まる。

2002 年 仮面ライダー・アナザーアギト 史上最年長ライダーとして人気を博し、連続ドラマの主演、舞台では美輪明宏氏や坂東玉三郎氏の相手役を長年にわたり務めることとなる。

2006 年  50歳手前から「第二の人生」へシフトし、より良く生きるために必要な資本である体を鍛えなおすために柔術を始め、長年続けてきた呼吸法と、緩める体操で心身の蘇生を行い、35歳以上青帯の部の史上最年長世界チャンピオンを幾度も達成。ここから第二の人生(脱力という力)と、第一の人生の集大成(緊張からの解放)が始まる。

2011 年  50代でハリウッド映画「終戦のエンペラー」出演。
     ボリウッド映画「探偵バンキッシュ」出演。現地インドで大ヒット映画となる。

2014 年 第一の人生の集大成として移行したクリエイター業では、56歳にして、初のメジャー映画脚本家デビュー。「恋する惑星」ウォン・カーウァイ監督作品で撮影監督、有名映画祭審査員も務めるクリストファー・ドイル氏撮影監督の映画「縁 The Bride of IZUMO」(佐々木希主演)の脚本を担当。

2016 年 58歳にして、映画「桜散れども」で、新人映画監督賞を受賞。
    中国のネットドラマ「謎迷」出演(2019年公開予定)。
   柔術に合わせて中国武術や居合により東洋的身体技法への研鑽に日々務めながら、震災などで悩む人々へ何か自分にできることがないかと模索し続け、東京国際仏教塾にて得度し浄土真宗の僧侶資格を得、仏教思想、演技術、様々な視点から日本各地で講演を行う。法名 「釈 趙瑛」。

2018 年 「緊張」についての研究を続けるうち、JADP認定心理カウンセラー資格所得。
   還暦の歳に、美輪明宏氏の舞台「愛の讃歌」に復帰し、世界チャンピオンボクサーのマルセル・セルダン役を60歳とは思えない身体で演じる。更に還暦を迎えた今秋、亡き父の供養としてプロレスラー・デビューを果たした。

講演テーマ例

1、緊張を超える護身術(緊張からの解放)
緊張の源は自意識です。「人が自分のことをどう思っているか」「どうジャッジメントしてくるか」等、自分に意識を向けている限り、緊張からは解放されません。この思考回路から逃れる唯一の方法が、意識(focus)を他者に向けることです。「他者への集中」こそが自身を緊張から解き放ってくれるのです。意識が自分から離れ、相手から発せられる行動を読み取ることへの集中が高まれば、営業もプレゼンも怖くありません。演技トレーニングとして世界的に有名な「レペティション」という俳優トレーニング法を紹介しながら、緊張のメカニズムを解き、各人の能力を発揮し高い集中へ誘う方法論を紹介、実践します。1セッションでも理解、実感できる明快なトレーニング法です。

2、Reborn〜還暦からの再誕生
「第二の人生を楽しむと言ってもどのように?」と思ったことはありませんか?答えは簡単。「比較からの逸脱」です。だって「答えを知る者は自分だけ」なのですから。現代は相対的な社会です。隣との比較に勝ち続けることが成功につながるのが現代社会の成功と言われます。必死に成功と失敗を繰り返してきた苦しい第一の人生は40歳でも終わらせていいんです。あなたにしかできない新たな役割を見つけること、それこそが新たな人生=第二の人生の始まりです。比較とコンプレックスと成功への思い込みを超えることこそが第二の人生を楽しむ再誕生です。身心一如、体と心は表裏一体。自身の経験談に加え、呼吸法を始め、東洋的な身体の使い方をシンプルに優しく紐解き、生活の一部になるエクササイズをお伝えし、ストレス続きだった人生をゆっくりと変えていけるようなレクチャーを行います。

3、意志の力 〜
「相手の演技」を読み取ると、相手が求めていることがわかります。営業においても、プレゼンにおいても、主張を通すためには、相手の演技=相手の真意を見抜く力が必要です。同様に、企画を作成する時にも会社の利益と社会のニーズという両者の空気、その流れを読み取る力が必要です。ロシアを経てアメリカで開発された演技トレーニングを基に、「相手の行動・演技・空気」を見抜き主張を通す「強い意志の力」を育てるレクチャーとエクササイズの実践をします。また、成功につきまとう『継続の意志力』は、自分一人でやれるものではありません。いつでも他者と社会との相対性の中から継続しようという意志の力は生まれるのです。自分一人で頑張るのは辛いけれど、状況に助けてもらうことを知り、継続する意志の強さも学べるレクチャーを行います。

講演会風景

おすすめの講師

講演会・セミナー・講演依頼は講師派遣ナビ講師を探す樋口隆則