講演会・研修の講演依頼は、講師派遣ナビ講師を探す桧山進次郎

桧山進次郎 ひやま しんじろう

野球評論家、スポーツコメンテーター

桧山進次郎

プロフィール

1969年7月1日 京都市生まれ。平安高―東洋大を経て91年ドラフト4位で阪神入団。
95年から右翼手として1軍定着を果たす。97年には4番・右翼手として23本塁打、82打点を記録。01年から3年間選手会長に就任し、03年に4番に抜擢されると対中日戦で史上58人目のサイクル安打を達成。18年ぶりのリーグ優勝へチームを導いた。

06年以降は主に代打として出場し、08年から八木裕に代わる「代打の神様」として勝負強さを発揮。
13年10月CSで、現役最後の打席を代打本塁打を放ち飾った。代打通算158安打(球団1位、セ・リーグ歴代2位)、代打通算14本塁打(球団1位)、111打点(球団1位、セ・リーグ歴代2位)など数々の記録を持つ。
現在は、テレビ、新聞などで野球解説者として活躍している。

講師ジャンル

日刊スタッフコメント★★★

現役最後の打席で放ったホームランは、虎党の記憶に鮮明に残っているでしょう。

「野球の神様を感じた」というこのシーン、マートンとの秘話も含めれば鳥肌が立つような物語でもありました。
そんな代打の一コマから猛虎暗黒時代、そして2度の優勝…。

栄光と挫折を知り尽くす男だからこそのとっておき話は、野球ファンのみならずサラリーマンや経営者などビジネスパーソンにも響くに違いないでしょう。

活動実績

記録

○通算記録(実働22年) 1959試合 4863打数1263安打
打率・260 159本塁打 707打点 41盗塁
○初出場・初スタメン 1992・5・30対巨人11回戦(甲子園)=6番、右翼手
○初打点 92・5・30対巨人11回戦(甲子園)=4回二ゴロ、投手・斎藤
○初安打 92・5・31対巨人12回戦(甲子園)=5回投安打、投手・ケアリー
○初本塁打 93・5・29対広島6回戦(山形)=4回、投手・長冨
○初盗塁 95・6・28対広島12回戦(甲子園)=7回、二盗
○1000試合出場 03・4・10対中日3回戦(甲子園)=5番、一塁手
○1500試合出場 07・9・5対横浜18回戦(甲子園)=6回、代打
○1000本安打 04・8・25対横浜19回戦(大阪ドーム)=8回中安打、投手・秦
○100本塁打 02・4・23対広島3回戦(広島)=6回、投手・長谷川
○150本塁打 05・8・31対中日16回戦(甲子園)=6回、投手・川上
○全試合出場 96、97年=2回
○サイクル安打 03・7・2対中日15回戦(甲子園)=中本塁打、左翼線二塁打、右安打、中越三塁打
○28試合連続安打 01・7・3対中日14回戦(ナゴヤドーム)~01・8・12対中日21回戦(ナゴヤドーム)
○代打通算14本塁打 11・5・14対中日5回戦(甲子園)=9回、岩瀬から本塁打。球団記録を達成。
○代打通算109安打 10・6・4対オリックス3回戦(甲子園)=108安打の球団記録(遠井)を更新。
○オールスター出場 97、02、03年=3回

表彰

○月間最優秀選手賞 01年7月(打率・448、本塁打2、打点11)、02年5月(打率・414、本塁打2、打点14)=2回

エピソード

<現役最後の打席で本塁打>
08年に主に代打として打率3割をマークして、八木裕に代わる「代打の神様」として定着した。
その神様らしく、現役最後の打席はライトスタンドへの2ランホームランだった。引退試合も済ませた後の13年クライマックス・シリーズ(CS)の第1ステージ、広島との第2戦。5点ビハインドで迎えた甲子園の9回裏2死1塁の場面で代打で登場。
ポストシーズン史上最年長(44歳3カ月)となる本塁打をタイガースファンの待つライトスタンドに放り込んだ。CS敗退にもかかわらず、現役最後の本塁打で甲子園は大いに盛り上がった。

主な著書

「待つ心、瞬間の力」 (廣済堂新書)
「代打の哲学」(幻冬舎)
「生え抜き タイガースから教わったこと」(朝日新聞出版)

おすすめの講師

この講師に依頼・相談する(無料)

講演会・研修の講演依頼は、講師派遣ナビ講師を探す桧山進次郎