講演会・セミナー・講演依頼は講師派遣ナビ講師を探す栗原恵

栗原恵

くりはらめぐみ

元バレーボール日本代表、スポーツコメンテーター

栗原恵

プロフィール

1984年7月31日生まれ、広島県出身。小学4年からバレーボールを始め、中学2年で強豪・兵庫県姫路市立大津中学校に単身バレー留学をする。中学3年に出場したアクエリアス杯にてオリンピック有望選手賞を受賞。その後、名門・三田尻女子高校(現・誠英高校)に進学し、1年時のインターハイ・国体・春高バレー、2年時のインターハイ優勝の高校4冠のメンバーとして活躍するなど頭角を現す。

2001年(高校1年時)に全日本女子に初選出され、翌年2002年、日米対抗で代表デビューを果たし、2003年11月(高校3年時)のFIVBワールドカップバレーボール2003では、全日本女子のヤングエースとして活躍。「プリンセス・メグ」として親しまれ、バレーボール人気に火をつける。2004年には、2大会ぶりの出場を決めたアテネオリンピックに出場し5位入賞。その後2007年に全日本女子に復帰し、9月の第14回アジア女子選手権大会で5年ぶりに中国を破るなど、24年ぶりの優勝に大きく貢献。同年秋のFIVBワールドカップバレーボール2007では全日本女子のエースとして活躍した。

2008年のワールドグランプリでは、決勝ラウンドでベストスコアラー賞とベストサーバー賞をW受賞し、夏に行われた北京オリンピックにも出場を果たす。2010年10月に日本で開催されたFIVB2010女子バレーボール世界選手権に出場し、32年ぶりに銅メダルを獲得した。2011年9月、ロシアのスーパーリーグ「ディナモ・カザン」に入団し、海外でプレーする。その後は国内に拠点を移し、岡山シーガルズ、日立リヴァーレに所属。2016年1月23日のデンソー戦に出場し、通算出場試合数が230試合となりVリーグ栄誉賞を受賞。

2018年2月、一度は引退を考えたが「必要としてくれる場所がある。まだ、やれることがある。」と現役続行を決意し、同年5月にJTマーヴェラスに入部。2018-19 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN に出場し3位となる。「2018-19 V.LEAGUE ALL STAR GAME」に出場。2019年5月末、JTマーヴェラスを退団し、同年6月4日、現役引退を発表。17年間のプロバレーボール選手生活を終え、バレーボール界、スポーツ界への恩返しに心を込めて活動をしていく。

活動実績

【全日本代表経歴】
2001年 全日本代表初選出
2003年 ワールドカップ出場
2004年 アテネオリンピック出場
2007年 ワールドグランプリ出場、アジア選手権出場、ワールドカップ出場
2008年 北京オリンピック出場
2010年 世界選手権出場
2012年 ワールドグランプリ出場

【主な個人成績】
2003年 第52回 黒鷲旗男女選抜バレーボール大会 若鷲賞
2005年 第54回 黒鷲旗男女選抜バレーボール大会 ベスト 6賞
2006年 第12回 Vリーグ最高殊勲選手賞、サーブ賞、ベスト6
2007年 Vプレミアリーグ サーブ賞、Vリーグ日本記録賞(サーブ部門)
2007年 第56回 黒鷲旗男女選抜バレーボール大会 ベスト6賞
2008年 ワールドグランプリ2008 ベストスコアラー賞、ベストサーバー賞
2008年 第14回プリンセスカップMVP 、ベストスパイカー賞
2009年 Vプレミアリーグ サーブ賞
2016年 Vリーグ栄誉賞

【デジタル写真集】
FLASHデジタル写真集「栗原恵Princess, Again」2021/5/21発売

【保有資格】
アスリートフードマイスター3級/エキスパートファスティングマイスター/健康美容食育士/健康美容食育指導士

講演テーマ例

  • 「凛と」「やってから後悔するか、やらなくて後悔するか」など
    故郷の江田島市でバレーボールを始め、中学でのバレー留学を経て誠英高校(当時の三田尻女子高校)に進む過程でたくさんの「選択と決断」をしてきました。さらに、怪我や様々な挫折を乗り越え2度のオリンピック出場を果たすまでのエピソードを通して、挑戦する勇気、継続することの大切さなどを語ります。

主な著書

栗原恵著書 めぐみの画像

フォトギャラリー

栗原恵 栗原恵 

講演会・セミナー・講演依頼は講師派遣ナビ講師を探す栗原恵

ご相談<無料>
(06)
6229-7018
受付時間:
10:00~18:00
(土日祝日除く)