講演会・セミナー・講演依頼は講師派遣ナビ講師を探す朝原宣治

朝原宣治 あさはら のぶはる

陸上短距離元日本代表

朝原宣治

プロフィール

1972年6月21日生まれ、兵庫県出身。高校時代から陸上競技に本格的に取り組み、走り幅跳び選手としてインターハイ優勝。大学では国体100mで10秒19の日本記録樹立。その加速力から「和製カール・ルイス」と呼ばれた。

大学卒業後、大阪ガス株式会社に入社、ドイツへ陸上留学。初出場のアトランタオリンピックの100mで28年ぶりに準決勝進出。自身4度目となる2008年北京オリンピックの4×100mリレーでは、アンカーとして、悲願の銀メダル獲得。同年9月に競技生活引退(36歳)。世界陸上には6回出場。

2010年に次世代育成を目的として陸上競技クラブ「NOBY T&F CLUB」を設立。これは大阪ガスグループの地域貢献活動の一環でもあり、引退後も自身のキャリアを社会に生かそうとチャレンジを続けている。

妻は元シンクロナイズドスイミング日本代表で、バルセロナオリンピック銅メダリストの奥野史子さん。

講師ジャンル

活動実績

【自己ベスト】
60m   6秒55(1997年)
100m  10秒02(2001年)
200m  20秒39(1997年)
走り幅跳び 8m13cm(1993年)
 

講演テーマ例

①「諦めなければ夢は叶う」
②「夢を追いかけて」
③「心のバトンパス~チームワークとコミュニケーションの重要性」

主な著書

「朝原宣治のだれでも足が速くなる」
「肉体マネジメント」
「朝原宣治の最速メソッド」

おすすめの講師

講演会・セミナー・講演依頼は講師派遣ナビ講師を探す朝原宣治