講演会・セミナー・講演依頼は講師派遣ナビ講師を探す星奈津美

星奈津美

ほしなつみ

競泳女子元日本代表

星奈津美

プロフィール

1990年、埼玉県生まれ。春日部共栄高校、早稲田大学卒業。
1歳半からベビースイミング教室に通ったのがきっかけで水泳を始めた。高校に入学すると1、2 年生でインターハイ連覇、3 年生の時には日本選手権で高校新記録を出し北京五輪代表に選出された。
16 歳で患ったバセドウ病のため一時的に競技を離れるも、苦難を乗り越え 2012年ロンドン・ 2016 年リオデジャネイロ 200m バタフライで 2大会連続で銅メダルを獲得した。なお、世界水泳ロシア・カザン 2015 の金メダルは、日本競泳女子初の快挙だった。現在は講演や水泳教室などで自身の経験を伝える傍ら、メディアを通じてバセドウ病の理解を促進する活動を行うなど活躍の場を拡げている。

活動実績

・2008 年 北京オリンピック 10 位
・2011 年 世界水泳選手権 4 位
・2012 年 ロンドンオリンピック 銅メダル
・2015 年 世界水泳選手権 金メダル(競泳女子日本選手として大会史上初)
・2016 年 リオデジャネイロオリンピック 銅メダル(3大会連続出場、2大会連続銅メダル)

講演テーマ例

  • 心も身体も健康であること
    身体の健康はもちろん、心の健康も大切だということを自分自身の経験からお話しします。私自身、人前で弱音を吐くことが出来ず苦しんでいた時期がありましたが、恩師からの言葉で、弱い部分を人に見せることで初めて自分の弱さを受け入れることが出来るのだと気づき、気持ちも軽くなって心の健康を取り戻しました。学校の部活動や会社での人間関係においても、お互いに悩みを吐き出すことで心の健康を保つことが出来るようになり、コミュニケーションも生まれるため、より良いチームワーク作りに繋がります。
  • メダル以上の価値
    高校1 年時にバ セドウ病を発症し投薬治療をしながら競技を続けてきましたが、大学 4 年時に銅メダルを獲得したロンドン五輪から2年が経った頃に症状が悪化。金メダル獲得という目標と競技人生の集大成と位置づけていたリオ五輪の舞台を一時は諦め引退も覚悟しましたが、母からの言葉で手術を決断。リオ五輪 は大きな決断を経て 辿り着いた 2大会連続の銅メダルだった為、目標 には届かなかったものの 「やれることは全てやり切った」とレース後に心から思えたことが 、 メダル以上に価値があったと思います。夢を叶えること、目標を達成することは素晴らしいことです が、 それ以上にそこまでの過程で 悔いのない行動、選択をすることが大切だと伝えたいです 。

主な著書

明日に向かって 星奈津美の著書画像

講演会・セミナー・講演依頼は講師派遣ナビ講師を探す星奈津美

ご相談<無料>
(06)
6229-7018
受付時間:
10:00~18:00
(土日祝日除く)