講演会・セミナー・講演依頼は講師派遣ナビ講師を探す広瀬叔功

広瀬叔功

ひろせよしのり

野球評論家、元南海監督、99年野球殿堂入り

広瀬叔功

プロフィール

1936年8月27日、広島県佐伯郡(現廿日市市)出身。54年に南海ホークスに、大竹高校からテスト生の投手として入団。55年に怪我により、内野手に転向。57年から遊撃手に抜擢され、盗塁数を増やし「プロ随一の快足」と評価を上げていった。61年に外野手に転向し、42盗塁で盗塁王に輝くと65年まで5年連続盗塁王に輝いた。

杉浦忠、野村克也、皆川睦雄らと南海の黄金時代を築いた。ダイヤモンド1周、13秒9の俊足と好守で鳴らし「プロ野球のスピード感を変えた男」と言われた。ニックネームは「チョロ」。その由来は、チョロチョロとネズミのように動き回ったからではなく、投手から野手に転向後、よく練習するのを見た鶴岡監督(当時は山本姓)が「広瀬はようやっちょる」と広島弁でほめたことから。それを聞いた選手たちが「ちょる」だけを取って「チョル」と呼んでいたそう。それを鶴岡監督が「チョロ」と聞き違えて「チョロか、おいチョロ」と呼んだのが始まりとされている。

通算盗塁数は歴代2位の596個。68年のシーズン盗塁成功率95・7%(成功44、失敗2)は日本記録。引退後は南海で監督も務めた。現在は大阪から広島に居住地を移し、野球評論家として活動している。

講演テーマ例

  • 「愛しのホークス」

活動実績

<記録>
○通算記録(実働22年) 2190試合 7637打数2157安打 
打率・282 131本塁打 705打点 596盗塁
○シーズン盗塁成功率 68年・957(30盗塁以上では日本記録)
○シーズン連続盗塁成功 64年「31」(日本記録)
○通算盗塁成功率 ・829(596盗塁123盗塁死)=300盗塁以上では日本記録
○27試合連続安打 64・5・14~6・13
○オールスター出場 58~63、65、66、69年(9回)=64、68年はファン投票で選出されるも出場辞退

<タイトル>
○首位打者 64年・366=1回
○盗塁王 61年・42個、62年・50個、63年・45個、64年・72個、65年・39個=5回

<表彰>
○ベストナイン (外野手)63~65年=3回
○ゴールデングラブ賞 (外野手)72年=1回
○野球殿堂競技者表彰 99年

主な著書

南海ホークス-ナンバ栄光と哀しみの故郷 広瀬叔功の著書画像

講演会・セミナー・講演依頼は講師派遣ナビ講師を探す広瀬叔功

ご相談<無料>
(06)
6229-7018
受付時間:
10:00~18:00
(土日祝日除く)