講演会・セミナー・講演依頼は講師派遣ナビ講師を探す宮下純一

宮下純一

みやしたじゅんいち

元競泳日本代表、スポーツキャスター

宮下純一

プロフィール

1983年10月17日生まれ、鹿児島県出身。5歳から水泳をはじめ、9歳のときコーチの薦めにより背泳ぎの選手となり、鹿児島県立甲南高等学校から筑波大学に進学。体育専門学群で中高教員免許を取得する。

2008年8月北京オリンピック競泳男子100㍍背泳ぎ準決勝で、53.69秒のアジア・日本新記録を樹立、決勝8位に入賞する。同400㍍メドレーリレーでは北島康介・藤井拓郎・佐藤久佳選手と共に、日本チームの第1泳者として、銅メダルを獲得。その年の10月に競技者として有終の美と感じられる結果に現役を引退。

現在は水泳を始め、様々な競技の魅力を伝えるスポーツキャスターを軸として活動し、2016年にブラジルで行われたリオデジャネイロ五輪では、自身初となるJC解説者として競泳の解説を務めた。

NHK「あさイチ」や、TBS「ひるおび!」などの情報番組にも出演し、TV・ラジオなど様々なメディアに出演。JOCオリンピック・ムーブメントアンバサダーや、日本水泳連盟競泳委員を務め、スポーツ界の未来を育てる活動にも力を入れながら、自らの経験を伝えるべく、全国各地で講演活動なども行っている。

講演テーマ例

  • 出会いに感謝~思い続けたオリンピック
  • 水泳生活20年 ~続けることの意義~
  • 上を向いて歩こう ~タイム競技が教えてくれたこと~

活動実績

宮下純一の競技写真
■2006年12月 ドーハ・アジア大会
100メートル背泳ぎ 1位
400メートルメドレーリレー(宮下純一、北島康介、山本貴司、細川大輔)1位
■2008年4月 日本選手権
100メートル背泳ぎ 2位(北京オリンピック代表決定)
■2008年5月 ジャパンオープン
100メートル背泳ぎ 2位
50メートル背泳ぎ 1位(日本新記録)
■2008年8月 北京オリンピック
100メートル背泳ぎ 8位(準決勝でアジア・日本新記録)
400メートルメドレーリレー(宮下純一、北島康介、藤井拓郎、佐藤久佳)3位(アジア・日本新記録)

実績

JOC強化スタッフ、JOCオリンピック・ムーブメント・アンバサダー、JOC環境アンバサダー、日本水泳連盟競泳委員、筑波大学非常勤講師、薩摩大使

<競泳キャスター>
世界水泳(EX系)、ロンドン五輪2012(EX系)

<キャスター>
ソチオリンピック2014(mottv)

<解説>
リオデジャネイロ五輪(JC)、東京2020五輪(JC)

<テレビ出演>
TBS「ひるおび」
鹿児島読売テレビ「かごピタ」
RKB「サンデーウォッチ」
CBC「サンデードラゴンズ」
ABC・FBS他「BOAT RACE LIVE」

<CM>
ビー・シー・エー株式会社、JAバンク鹿児島、サントリーウェルネス株式会社

講演会・セミナー・講演依頼は講師派遣ナビ講師を探す宮下純一

ご相談<無料>
(06)
6229-7018
受付時間:
10:00~18:00
(土日祝日除く)