講演会・セミナー・講演依頼は講師派遣ナビ講師を探す奥村武博

奥村武博 おくむら たけひろ

公認会計士、元阪神タイガース投手

奥村武博

プロフィール

1979年(昭54)7月17日、岐阜県生まれ。土岐商3年夏の岐阜大会では、決勝で県岐阜商に敗れ甲子園出場を逃す。
日商簿記検定2級合格が公式戦出場の条件となっていたため、試合に出たい一心で2年時にこれを取得。3年秋の97年ドラフト6位で阪神に入団した。同期に1位中谷仁(智弁和歌山)、2位井川慶(水戸商)、4位坪井智哉(東芝)らがいる。入団後は1軍戦登板のないまま、01年限りで現役引退。02年のみ打撃投手を務め、同年オフ退団。

バーやホテルの調理場勤務など、飲食業界で働く。その後、高校時代に手にした資格を生かそうと、難関の公認会計士受験を決意。アルバイトで生計を立て、07年から同試験の予備校に勤務し受付などを担当。13年11月に合格を果たした。

現在は公認会計士として株式会社オフィス921(東京都)に勤務し、一般社団法人アスリートデュアルキャリア推進機構の代表理事も務めている。阪神退団後の厳しい経験を踏まえ、元スポーツ選手のセカンドキャリア支援に強い関心を持つ。

講師ジャンル

日刊スタッフコメント★★★

公認会計士といえば医師、弁護士に並ぶ「三大国家資格」の1つ。その超難関試験に、元プロ野球選手として初めて合格したのが元阪神の奥村氏です。

憧れのプロ野球選手となったものの故障続きで戦力外に。打撃投手も1年で解雇され、23歳で無職となってからの再逆転人生でした。あるキッカケで資格に挑戦し、9年がかりの猛勉強で快挙を達成。その道程が簡単ではなかったことは容易に想像できるでしょう。

「長い間苦しんだ分、将来について悩んでいる人に話を聞いてもらいやすいのかなと思います」。謙虚で穏やかな表情から出てくる金言の数々…必ず勇気、元気が出ます。

講演会・セミナー・講演依頼は講師派遣ナビ講師を探す奥村武博