講演会・セミナー・講演依頼は講師派遣ナビ講師を探す外木場義郎

外木場義郎 そとこば よしろう

元プロ野球選手

外木場義郎

プロフィール

1945年6月1日、鹿児島県生まれ。出水―電電九州を経て64年9月に広島カープ入団。65年10月2日阪神戦(甲子園)にてノーヒットノーランでプロ初勝利。当時を「大場(進)さんが練習中に故障して急きょ(先発が)回ってきた。相手は阪神の村山実さんでしたから、運命的だなと」と振り返る。またその3年後の、68年9月14日大洋戦で完全試合(同時にセ・タイの1試合16奪三振)、72年4月29日巨人戦で沢村栄治に並び史上最多となる3度目のノーヒットノーランを達成し、”Mr. ノーヒッター”の異名を取った。
68年最優秀防御率。75年に最多勝と沢村賞を獲得し、広島初優勝の原動力となるなど、通算131勝を挙げた。75年の193奪三振は当時タイトル対象外もリーグ最多。
79年に引退した後は広島とオリックスのコーチを務め、広島県内でアマ野球を指導。2013年1月には野球殿堂入りを果たした。

講師ジャンル

活動実績

《主な成績》
1965年10月2日 対阪神戦 ノーヒットノーラン
 68年 9月14日 対大洋戦 完全試合
 68年     最優秀防御率
 72年 4月29日 対巨人戦 ノーヒットノーラン(史上最多3度目)
 75年     最多勝、沢村賞、193奪三振

通算成績 445登板 131勝 勝率.487 1678奪三振 防御率2.88

おすすめの講師

講演会・セミナー・講演依頼は講師派遣ナビ講師を探す外木場義郎