講演会・セミナー・講演依頼は講師派遣ナビ講師を探す吉田義男

吉田義男 よしだ よしお

野球評論家、元阪神監督、元仏ナショナルチーム監督、92年野球殿堂入り

吉田義男

プロフィール

1933年7月26日、京都市生まれ。府立山城高から立命大に進学。53年に中退し、阪神タイガースに入団。
俊足巧打・好守の遊撃手として1年目から16年間不動のレギュラーとしてプレーした。「今牛若丸」と称され、華麗な守備とシュアな打撃でチームをけん引し続けた。69年引退。

阪神監督を75年から77年、85年から87年、97年から98年の3度務めた。そのうち85年には球団史上唯一の日本一を達成し「阪神フィーバー」の社会現象を引き起こす盛り上がりを見せた。90年から6年間、仏ナショナルチームの監督を務めた。

野球解説者としては、ユーモアのある語り口や、阪神愛に満ちた饒舌さが人気で「吉田節」は80歳をゆうに過ぎた現在も健在だ。背番号「23」は永久欠番。

講師ジャンル

活動実績

記録

○通算記録(実働17年)  2007試合 6980打数1864安打
打率・267 66本塁打 434打点 350盗塁
○初出場・初安打 1953・3・28対国鉄1回戦(後楽園)
○初打点 53・4・16対洋松6回戦(日生)
○初本塁打 53・5・26対洋松7回戦(西京極)
○1000試合出場  61・4・12対広島2回戦(甲子園)
○1500試合出場  65・5・9対国鉄3回戦(甲子園)
○2000試合出場  69・9・17対サンケイ22回戦(甲子園)
○1000本安打   60・8・31対広島23回戦(広島 )
○1500本安打   65・5・2対巨人4回戦(後楽園)
○オールスター出場  54~66年(連続13回)

タイトル

○盗塁王  54(51盗塁)・56年(50盗塁)

表彰ほか

○ベストナイン (遊撃手)55~60・62・64・65年=9回
○正力松太郎賞 85年(監督として初の日本一に輝く)
○野球殿堂入り 92年

エピソード

<吉田VS金田>
三振が少なく粘り強い打撃だったため相手投手にはいやな打者だった。特に400勝投手の金田正一とは400打席近く対戦したが「あいつとはやりたくない」と言うほど吉田を苦手にしていた。奪った三振もたったの15回で、金田がプロで初めてサヨナラ本塁打を打たれたのも吉田だった。
「長身金田と小兵吉田」の対戦はいつも大いに盛り上がったものだ。

講演テーマ例

天国と地獄

主な著書

「牛若丸の履歴書」(日経ビジネス文庫)
「海を渡った牛若丸―天才ショートの人生航路(野球殿堂シリーズ)
「監督がみた天国と地獄―一丸野球が崩れるとき(エイデル研究所)ほか多数
CDATA阪神タイガース(新潮文庫)

おすすめの講師

講演会・セミナー・講演依頼は講師派遣ナビ講師を探す吉田義男