講演会・セミナー・講演依頼は講師派遣ナビ講師を探す吉田沙保里

吉田沙保里 よしだ さおり

女子レスリング選手

吉田沙保里

プロフィール

三重県津市生まれ。自宅でレスリング道場を開いていた元レスリング選手の父栄勝さん(故人)の影響で3歳からレスリングを始める。02年世界選手権で初優勝。五輪は初出場の04年アテネ大会の女子レスリング55㌔級で金メダルを獲得。08年北京大会でも金メダルを獲得。選手団旗手として臨んだ12年ロンドン大会で3連覇、日本選手団主将として、史上初の五輪4連覇を目指して臨んだ16年リオデジャネイロ大会は、惜しい逆転負けで涙の銀メダルに終わった。三重・久居高―中京女大(現至学館大)からALSOKに進み、15年12月に退社している。

ロンドン大会で3連覇したあとの12年11月に国民栄誉賞を授与され、個人で世界大会16連覇、個人戦206連勝を記録し「霊長類最強女子」の異名を持つ。19年1月に現役引退を表明。引退会見では指導者に加え、大好きと話すバラエティー番組出演を熱望するなど話題を集めた。

講師ジャンル

主な著書

迷わない力 ―霊長類最強女子の考え方(プレジデント社)
「強く、潔く。 夢を実現するために私が続けていること」(KADOKAWA)
「明日へのタックル!」(集英社)

おすすめの講師

講演会・セミナー・講演依頼は講師派遣ナビ講師を探す吉田沙保里