講演会・セミナー・講演依頼は講師派遣ナビ講師を探す八木沼純子

八木沼純子

やぎぬまじゅんこ

プロフィギュアスケータ―、スポーツコメンテーター

八木沼純子

プロフィール

早くから有望視され、出場した世界ジュニア選手権で2位となって連盟推薦枠を獲得。カルガリー五輪の選考大会であった全日本選手権に初出場し、彗星のごとく五輪の切符をさらった。14歳という記録的な若さで、初のシニアの国際大会が五輪という異例の出場を果たす。スピンの美しさを武器に、その後も数々の国際大会に出場した。大学卒業と共にプロに転向し、18年に渡ってアイスショー「プリンスアイスワールド」に出演。長くチームリーダーを務め、現在はスケーティングディレクターを担当後、プリンスアイスワールド広報大使として携わっている。また、スポーツキャスターとしても活動し、フィギュア解説の筆頭格としてオリンピックのフィギュアスケート解説なども務めている。

活動実績

■ ’87/’88年(中2)世界ジュニア選手権準優勝
全日本選手権準優勝 カルガリーオリンピック出場 世界選手権出場(初)
■ ’88/’89年 全日本ジュニア選手権準優勝
世界ジュニア選手権銀メダル 全日本選手権準優勝
■ ’89/’90年 全日本選手権3位、NHK杯6位入賞
■ ’90/’91年 世界選手権11位 ※自己最高位、NHK杯8位入賞
■ ’91/’92年 全日本選手権3位、NHK杯5位入賞
■ ’92/’93年 全日本選手権準優勝、ユニバーシアード金メダル
■ ’94/’95年 全日本選手権準優勝、NHK杯3位
■ 1995年 プロ転向(プリンスホテル所属)
チームリーダー(’03年~) ディレクター(’14年~) 広報大使(’16年~)

<テレビ・ラジオ等メディア出場実績>
■ BSフジ「フィギュアスケートTV」
■文化放送「スポスタ☆MIX ZONE」
■BS朝日「フィギュアスケートGPシリーズ」エキシビジョン解説

講演テーマ例

  • 日頃の印象が大一番での評価点~採点競技と私生活
    フィギュアスケート界は、リンク上だけではなく、日頃の立ち振る舞いなども評価において重視されます。これはフィギュアスケートだけではなく、人生においてもとても大切なことです。例えば、企業で働いている人は売上や結果も大事になってきますが、日頃の周りの人たちとのコミュニケーションや立ち振る舞い、コツコツ仕事をこなすこと。実は、このようなことが成果や目標につながっていくということをみなさんにお伝えします。
  • 滑り続けることで見えてくるもの

主な著書

アイスモデリスト 八木沼純子の著書画像

講演会・セミナー・講演依頼は講師派遣ナビ講師を探す八木沼純子

ご相談<無料>
(06)
6229-7018
受付時間:
10:00~18:00
(土日祝日除く)