講演会・セミナー・講演依頼は講師派遣ナビ講師を探す権藤 博

権藤 博 ごんどう ひろし

野球評論家、元横浜監督

権藤 博

プロフィール

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市出身。鳥栖高では、元々内野手だったが、投手不在となり投手に転向。甲子園出場はならなかったが、西鉄ライオンズの誘いを受ける。しかし、ブリヂストンタイヤに入社し、60年の都市対抗に日鉄二瀬の補強選手として出場し、その活躍がスカウトに評価され、61年中日に入団。その年35勝を挙げ、沢村賞、新人王を獲得。35勝は新人でのプロ野球最多勝記録。翌62年も30勝を挙げ、2年連続で最多勝投手。
「権藤、権藤、雨、権藤」という流行語が生まれるほど連日登板を果たす奮闘を見せた。だが、そんな過酷な登板で肩を痛め、65年には内野手に転向。30歳の若さで現役を引退した。

73年から中日で投手コーチ。その後、近鉄、ダイエーを経て、97年横浜ベイスターズのコーチ就任し、翌98年には監督となって38年ぶりのリーグ優勝、日本一に導いた。監督退任後の01年からは、テレビ、ラジオの野球解説者や新聞の評論家として活躍している。

講師ジャンル

活動実績

記録

○投手通算記録(実働5年) 210登板 1136イニング 82勝60敗 防御率2・69
○打者通算記録(実働8年) 463試合 1041打数214安打 
打率・206 18本塁打 85打点 12盗塁
○初登板・初勝利 1961年4・9対巨人2回戦(後楽園)
○シーズン最多投球回数 61年 429回3分の1※セ・リーグ記録
○新人記録 61年 勝利数35 完封勝利数12 無四球完投試合数8 奪三振数310
○シーズン30勝以上、2年連続2度 61年(35勝)、62年(30勝)※2年連続はセ・リーグ記録。2度は杉下茂、金田正一と並ぶセ・リーグタイ記録。
○オールスター出場 61~63年(3回)

タイトル

○最多勝 61年(35勝)、62年(30勝)=2回
○最優秀防御率 1・70(61年)
○最多奪三振 310個(61年)※当時連盟表彰なし。セ・リーグでは91年から表彰。

表彰

○新人王 61年
○沢村賞 61年
○ベストナイン(投手) 61年

エピソード

<権藤、権藤、雨、権藤>
新人時代の61年に連投に連投を重ねる姿を指して「権藤、権藤、雨、権藤(雨、雨、権藤、雨、権藤と続く)」という流行語が生まれた。この言葉が生まれたきっかけは、当時巨人の投手だった堀本律雄が「中日の投手は権藤しかおらんのか、つぶれてしまうぞ。権藤、雨、移動日、権藤、雨、権藤や」と記者に語ったことだった。61年7月4日からは「雨、完封、雨、移動日、完投、雨、移動日、先発(5回を投げる)、雨、雨、移動日、先発(5回を投げる)」というこの言葉に近い12日間があった。

講演テーマ例

教えない教え

主な著書

「教えない教え」 (集英社新書)
「もっと投げたくはないか」(日刊スポーツ出版社)

おすすめの講師

講演会・セミナー・講演依頼は講師派遣ナビ講師を探す権藤 博